解雇規制が厳し過ぎると何がいけないのか

解雇規制が厳し過ぎる

プロが不在 ⇒経済発展しない理由

解雇できない中、モチベーションを維持しようとすると年功序列になってしまう。
このため適材適所にできないし、優秀な人材に高い給料を支払えない。
若い優秀な人は外資企業を希望する。

労働市場に流動性が無い

嫌いな会社で嫌々働く人は多い。労働者が不幸に。

部署ごとの数年に一度の転勤

外部労働市場、内部労働市場

解雇できない以上、雇用者数は最小限度に抑えられており、人員が不足

人数が少ないうえにプロでない人が業務を行うので非効率的であり、長時間労働に。その結果として家で過ごす時間が減ることから少子化や、女性の労働参加の妨げに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました