証明写真を最も安く(1枚5円以下で)作成する方法

未分類

証明写真ってたまに必要になりますよね。。。。

でも自動販売機を使うと800円とか1,000円とかして高いです。

今回は最も安く作る方法を紹介します。1枚5円以下で作成できますよ!

自分の写真を用意します

まず、自分の写真(画像)を用意します。
運転免許証の写真をスマホで撮影してもいいかもしれませんね。

大抵証明写真は縦4cm、横3cmですよね。そこで、自分を撮影した写真を加工して縦:横の比率を4:3にした画像を作成します。・・・①

証明写真用の画像を作成

次に、①の画像を、画像編集ソフトを使って写真のL版のサイズ(127×89mm)に揃えて入れていきます。

PCの画像編集ソフトを使えば簡単にできます。

例えば、Windowsならば、画像編集ソフトのPaint(日本名「ペイント」)がデフォルト?でインストールされているので、それを使えば大丈夫です。

①で作成した4:3の画像を拡大・縮小して127×89mmの画像に縦に3つ、横に3つ並べて入れます。合計9つ(=縦3×横3)入ることになりますね。

そうして、写真のL版サイズの画像を完成させます(1枚の画像ファイルに自分の写真が9つ入っている状態になります)・・・②

コンビニで印刷

L版の写真は、セブンイレブンであれば、1枚40円で印刷できます。

コピー機の前に行けば印刷方法が書いてあるので、初めての人でも印刷できるはずです。

②の画像がスマホに入っていれば、すぐに印刷ができますよ。

まとめ

40円で印刷したL版の写真に9枚の証明写真が入っていることになります。

つまり、この方法で証明写真を作ると、1枚5円以下(4.444=40/9枚)で証明写真を作ることができますよ。

ちなみに、コンビニが近くにあればいつでも証明写真を印刷できます。
自宅にプリンターがあればコンビニまで行く必要すらありません。

田中実
田中実

とても便利な時代になりましたね。
証明写真の自動販売機を探していた時代が懐かしいです。

細かい話

厳密には3cmを3倍すると90mmになるので、L版の89mmよりも大きくなり、厳密には9枚入らないじゃん?と思う方もいるかもしれませんが、入れちゃって大丈夫です。実際に使う際には90mmも89mmも違いはありませんので、そこは気にしなくて良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました