セルビアSerbia

世界各国の状況

セルビア人と話す機会が多いので、彼らから聞いた話を随時アップデートしていきます。

歴史

ユーゴスラビアは社会主義国でしたが、ソ連と交渉して中立の地位を得ていました

資本主義陣営でも社会主義陣営でもない第三勢力(Non-Aligned Movement)の音頭を取りインド・インドネシア・エジプト・アフリカ各国と協力して、冷戦からは距離を置く地位を築きました

ユーゴの首都はベルグレードで、国連におけるユーゴの地位はセルビアが引き継いでいます

冷戦が終わり、戦争の脅威が去ったことでバルカンの国々がまとまって行動する必要がなくなり、民族・宗教対立が表面化、ユーゴは内戦を経て分裂し、現在のセルビアになりました

宗教 ~キリスト教~

セルビア人はキリスト教徒です。

耳慣れないかも知れませんが、彼らはオーソドックスクリスチャンです。(カソリックでもプロテスタントでもありません)

セルビア人にとって、クリスマス、イースターの他にスラバSlavaが大切なお祝いです。

クリスマスはJulian calendarに則って行われるので、1月6日となります。

Slavaとは、家族毎に決まっているガーディアンセイントのお祝いです。

典型的なSlavaの食卓は下の写真のようになります。パンを焼いて教会に持っていき、パンを神父に祝福して貰います。それを家に持ち帰って食べます。

政治

現在セルビア進歩党が最も大きな政党で、今の大統領も所属しています。

他の国と同様、選挙で若い人は投票しない傾向があるのですが、投票されなかった票や、亡くなった人の票が不正に投票されるなどのことが広く行われています。

前回の大統領選挙で大統領は60.12%の得票を得たのですが、そのうち10%程度が既に亡くなった人の票であったということです。

高齢者ほどセルビア進歩党に投票する傾向があります。

言語

セルビア語が話されています。

Makytzaマキッツァというような名前に出会うことがあると思いますが、これはあだなです。Makiはいくつかの名前の短縮形で、ytzaという音は何か「小さいもの」を示す接尾語なのです。

逆に大きくて良い人、という意味のあだ名はljudinaルディナとなるそうです。

肥満による死亡率が高い

図は、肥満による死亡率を示しています。

セルビアは死因の15%ほどが肥満であり、日本の4%とは大きくことなります。

新型コロナウイルス

セルビアでの新型コロナウイルスについては、こちらにまとめてあります。

地理

北部はVojvodinaと呼ばれています。Novi Sad市があります。

中部はベルグレードを中心とした地域。

南部はKosovoと呼ばれています。Kosovoについては、国によって独立国と見なしたり、セルビアの一部と見なしたりしています。セルビア人はKosovoをセルビアの一部だと考えているので、独立国だというと、怒らせてしまうことがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました